スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スローな風景

環境gooの写真を引用しておく。
タイトルは、スローな風景である。
スローな風景から連想するのは、「スローライフ」である。
現代人は、経済的な豊かさを追い求めるあまり、効率やスピードを優先していつも時間に追われている。
そうしたライフスタイルを反省し、「スロー」をキーワードにした、自然と調和してゆったりした時間の流れを楽しむ生活の「スローライフ」を楽しむ人が増えている。
その意味で、「スローライフを楽しむ人たちが撮影した『スローな風景写真』」であるのかもしれない。。。
それぞれの写真は、何とも「心を癒す風景」であるように感じる。
このような風景の中に身を置いて、精神をゆったりと休養させてみたいものだと感じる。。。

続きを読む

新幹線、世界に売り込め CO2排出少なく脚光

日経ECOLOMYの温暖化関連ニュースを取り上げておく。
注目するのは、「
慶大の植林事業にCO2枠 大学初承認、中国で実施」、「新幹線、世界に売り込め CO2排出少なく脚光」、「ブリザードの中、新年 年越しそばすすり迎える」などである。
経済の面から見る場合、「新幹線、世界に売り込め」は注目すべきであり、フランスのサルコジ大統領等が率先して自国産業を売り込んでいるように、鳩山首相も実行すべきである。
「家庭を優先」との評語もいいけれども、「経済が停滞していては家計収入も伸びない」ことになり、民主党の政策に違和感をもつ。もっともっと世界に向かって、自国産業を売り込むべきである。

続きを読む

温暖化を止めるために私たちにできることは?

環境gooの記事を取り上げておく。
「温暖化を止めるために私たちにできることは?」ということも含めて、温暖化の基本的な知識をもっておくことは必要であると思う。
その意味で、環境gooの一連の記事は参考になると考える。

続きを読む

パナソニック「環境エネルギー」を経営の軸に

Yomiuri ONLINEの環境関連ニュースを取り上げておく。
注目するのは、「パナソニック「環境エネルギー」を経営の軸に」、「ツシマヤマネコ、対馬・下島で初めて保護」、「元大鵬・納谷さん、環境保全に協力へ」等である。
パナソニックの記事については、「企業が環境をビジネスの対象にすることを経営の中心戦略に据えた」ことを意味しており、注目している。
また、「元大鵬・納谷さん、環境保全に協力へについて」は、温暖化問題に関する意識高揚という面で有効であり、歓迎する。


続きを読む

地球温暖化対策、引き続き焦点に―2010年を展望する

あけましておめでとうございます。
今年も「地球温暖化」に関する各種情報を発信していきます。
今年、2010年を展望する記事が日経で公表されています。
タイトルは、「地球温暖化対策、引き続き焦点に―2010年を展望する―(09/12/31)」で、年の初めにあたりそれを取り上げるところからスタートしていきます。

続きを読む

温暖化って、結局のところ何がどうなっているの?

2009年も大晦日。
昨年のリーマンショック、それに続く今年の厳しい経済情勢。
さて、2010年はどのように展開するのだろうか???
COP 15も期待した結論に到達していない。。。
ここであらためて「温暖化って何だろう?」と立ち止まって考えてみる価値があるのかもしれない。。。
環境gooの記事を取り上げておく。

続きを読む

“緑の長城”、サハラ砂漠拡大を防ぐ?

gooは、「環境goo」というコーナーを設けて環境問題に力を入れている。
下に掲げるのもそのひとつである。
検索に伴い、gooの収入の一部を「緑化活動」に結びつけようとする活動であるが、これも、gooの一つの活動である。
今回は、環境gooで取り上げられている記事を取り上げておく。

記事の中では、「“緑の長城”、サハラ砂漠拡大を防ぐ?」等に興味を持ち、注目する。

毎日の検索で環境貢献
Powered by

続きを読む

慶大の中国植林事業、日中政府が「クリーン開発」承認 大学初

日経ECOLOMYの温暖化関連ニュースを取り上げておく。
注目するのは、「
太陽熱発電、相次ぎ参入 三菱重工・旭硝子など設備開発」「ブラジル、森林伐採の監視技術をアジア・アフリカ諸国に供与」「慶大の中国植林事業、日中政府が「クリーン開発」承認 大学初」等である。
特に、慶応大学のの取組みには、大学初ということもあり注目したい。

続きを読む

米国民の半分が温暖化に懐疑的!どうなる2010年以降のCO2対策

日経ECOLOMYのコラム記事を取り上げておく。
山口日出夏氏が投稿している記事で、タイトルは「米国民の半分が温暖化に懐疑的!どうなる2010年以降のCO2対策」である。
米国前政権の温暖化問題への対応等から、頷ける米国民感覚であるが、地球の将来に対する危機意識をもつ。
オバマ政権は、米国もコミットする方向で動きつつあり、米国が舵を切ったことに米国民も呼応していくことを期待したい。。。
記事の一部を引用しておく。

続きを読む

エコ宅配240台、コープさっぽろギネス申請

Yomiuri ONLINEの温暖化関連ニュースを取り上げておく。
コペンハーゲンでのCOP 15の結果は残念である。
途上国、先進国間の対立、中国、アメリカの動向等、様々な要因があると考えられるが、いずれにしても結果は不十分といわざるを得ない。
注目するのは、「
エコ宅配240台、コープさっぽろギネス申請」、「欧州、COPショック…排出量価格も急落」、「世界自然遺産・知床を守る、新たに温暖化対策も」等である。

続きを読む

野口さん宇宙に出発 ソユーズ打ち上げ成功

日経ECOLOMYの環境関連ニュースを取り上げておく。
注目するのは、「
野口さん宇宙に出発 ソユーズ打ち上げ成功」、「乱獲の影響を半減 生物多様性条約で事務局案」、また、「仏電力公社が中国で合弁 世界最大級の原発建設」等の記事である。
朝のニュースで、野口さんはすでに宇宙基地に到着したようです。
各種実験等の成功を期待したい。

続きを読む

温暖化対策で途上国支援年100億ドル COP15、7日開幕

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(76)

日経ECOLOMYの温暖化関連ニュースを取り上げておく。
この12月7日からデンマークのコペンハーゲンで、COP5がスタートしている。どのような方向付けとなるのか興味のあるところであり、先進国、途上国間で同じ方向に向かえることを期待したいところである。
興味のある記事は、「温暖化、データ改ざん? 研究者のメール発見、IPCC調査へ」、「温暖化ガス、「健康・福祉に脅威」認定 米環境保護局」、「富士通、1500万トン以上のCO2削減 12年度までに」等である。

続きを読む

米温暖化法案、決着越年か COP15に影響も

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(75) / 温暖化関連ニュース(77)
日経ECOLOMYの環境関連ニュースを取り上げておく。
注目するのは、また、気にかかる記事は「首相、12月のCOP15出席で調整 バリフォーラムも参加の意向」、「米温暖化法案、決着越年か COP15に影響も」、「海中のCO2増加、プランクトン成長阻害 海洋機構が北極海調査」等の記事である。
アメリカも共和党の反対等により、政策を遂行するための法案が議会を通過しない状況というのが懸念される。ti
アメリカ、中国などの「大量排出国がどのように対応するのか」は大きな課題であり、しかるべき対応を期待したいところである。

続きを読む

森林消失、過去21年で最小 ブラジル・アマゾン地方

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(74) / 温暖化関連ニュース(76)

日経ECOLOMYの環境関連ニュースを取り上げておく。
注目する記事は、「EU、温暖化ガス13.1%削減見込む 90年比、議定書目標上回る」、「未来型「植物工場」を開設 太陽光発電で空調を管理」、「森林消失、過去21年で最小 ブラジル・アマゾン地方」などである。
植物工場に関連するニュースとしては、今日の日経一面で丸紅が大阪支社の地下に「植物工場」を造り、一般に公開するとの報道がなされている。
もちろん丸紅も、ビジネスの対象として企画しているが、職場にすぐ近いこともあり、参考のため見させてもらいたいものである。

記事の一部を引用しておく。

続きを読む

オバマ米大統領、「ポスト京都」関与に積極姿勢

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(73) / 温暖化関連ニュース(75)

日経ECOLOMYの環境関連ニュースを取り上げておく。
日米の首脳会議を通じ、アメリカもポスト京都議定書に向け、方向転換を図りつつあるようにうかがわれる。期待したいところであり、「
オバマ米大統領、「ポスト京都」関与に積極姿勢」という方向が実践されることを希望したい。
ニュース記事の一部を引用しておく。

続きを読む

電気自動車普及へ協定 さいたま市と日産

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(72) / 温暖化関連ニュース(74)

日経ECOLOMYの環境関連ニュースを取り上げておく。
注目するのは、「温暖化ガス『2050年に80%削減』 首相、長期目標上積み」、「電気自動車普及へ協定 さいたま市と日産」等の記事である。

続きを読む

CO2を宝に変える三井化学の夢20091019日経産業

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(71) / 温暖化関連ニュース(73)

日経産業新聞の10月19日付記事を取り上げておく。
タイトルは、「CO2を宝に変える三井化学の夢」(20091019日経産業)である。
関連記事として、日経ECOLOMYのコラム記事「CO2からメタノールを合成・三井化学(08/09/16) | NIKKEI NET 日経 ...」があるので、それを一読することをお勧めしたい。
CO2を原材料に転換する技術であり、実証実験の結果を見守りたいところである。。。

続きを読む

温室ガス25%減でも所得増 20年にプラス76万円

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(70) / 温暖化関連ニュース(72)

日経ECOLOMYのニュース記事を取り上げておく。
注目したいのは、「
温室ガス25%減でも所得増 20年にプラス76万円」である。
仮に、「光熱費の上昇を見込んでも、世帯当たりの可処分所得は経済成長などに伴い2005年に比べて76万円増えるとの試算」が前政権の時代に出されているということである。
その根拠については不明であるが、一定の理論に基づいた考え方と思われ、新政権にとっては好影響を及ぼすことが推定される。
また、生物多様性との関係で、「
ホッキョクグマ取引禁止を 米、ワシントン条約で提案」などの記事にも注目する。 

続きを読む

CO2地中貯留、年100億トンへ 2050年、IEA試算

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(69) / 温暖化関連ニュース(71)

日経ECOLOMYの環境関連ニュース記事を取り上げておく。
注目するのは、「省エネ技術、新興国への移転推進 IEA閣僚理事会」、「CO2地中貯留、年100億トンへ 2050年、IEA試算」、また仕事柄ということになるが、「IHI、世界初の充電型フェリー 2015年にも実用化」等の記事である。
CO2の地中貯留がどのような技術なのかわからないが、新興国への技術移転も含め、対応の急がれることを期待したいところである。

続きを読む

温暖化ガス25%削減、10年春までに制度設計 増子経産副大臣

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(68) / 温暖化関連ニュース(70)

日経ECOLOMYの環境関連記事を取り上げておく。
政治レベルの動きとして、「脱温暖化へ技術革新 首相が計画表明、新エネ開発加速」、「温暖化ガス25%削減、10年春までに制度設計 増子経産副大臣」が気にかかるところである。
日本はこれまで、石油ショック等の際に省エネ技術を革新してきた経験を持っている。
新エネルギー開発等の局面で、「政治レベルの後押し」が必要であると考えられ、新政権が今後どのように政策を打ち出すのか、注目していく必要がある。。。

続きを読む

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。