スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GM破たん、エコカー時代の到来を象徴―舘内端氏コラムでクルマの未来を展望

日経ECOLOMYの「今日の話題」の中の記事を取り上げておく。
タイトルは、「GM破たん、エコカー時代の到来を象徴―舘内端氏コラムでクルマの未来を展望」である。
大々的のマスコミで取り上げられているので周知のことと思われる。
この記事で面白いのは、「自動車ジャーナリストでエコロミーコラムニストの舘内端氏のコラムを元に、自動車新時代を展望する」との視点である。
舘内端氏は、日経ECOLOMYに自動車に関するコラム記事を投稿されてきており、記事の中にそのコラム記事を取り込んであるところが面白い。
車とエコという点について興味のある方は、舘内氏の過去の記事にも目を通してみると良い。
参考になるかもしれない。
記事を引用しておく。
=======
記事引用
=======
GM破たん、エコカー時代の到来を象徴―舘内端氏コラムでクルマの未来を展望
Jun 3, 2009 by Nikkei Ecolomy

米ゼネラル・モーターズ(GM)が米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をニューヨーク市の破産裁判所に申請した。創業から101年、長く世界の自動車産業をけん引してきたGMの破たんは、石油に依存してきた20世紀型自動車産業の終焉と21世紀の環境対応車(エコカー)時代の到来を象徴する。自動車ジャーナリストでエコロミーコラムニストの舘内端氏のコラムを元に、自動車新時代を展望する。 
米連邦破産法の適用を申請し、記者会見するGMのヘンダーソンCEO=6月1日、ニューヨーク〔共同〕
(米連邦破産法の適用を申請し、記者会見するGMのヘンダーソンCEO=6月1日、ニューヨーク〔共同〕)
GMの米連邦破産法適用申請を受け、声明を表明するオバマ大統領=6月1日、ワシントン〔AP Photo〕
(GMの米連邦破産法適用申請を受け、声明を表明するオバマ大統領=6月1日、ワシントン〔AP Photo〕)

2012年次世代車爆発――生き残るメーカーは(舘内端)

「ハイブリッド車VS電気自動車、生き残るのは?」


2010年3月期も2期連続の営業赤字を見込む日産自動車。次の戦略として09年8月に新型の電気自動車を発表し、10年秋から年間5万台規模で生産、10年度中に国内に投入し世界市場への販売も計画>>続きを読む


「プリウス、インサイト……次世代車・爆発的普及前夜」


新型プリウスの予約を受け付けたところ、1週間で1万台に上ったということです。発売までには予約が4万台に達するかもしれません。ハイブリッド車等の低燃費車は補助金や税制優遇が受けられることもあって、この自動車不況の現在、唯一明るい兆しがあります。次世代車の爆発的普及前夜ということでしょうか。>>続きを読む


2010年に生き残るクルマ(舘内端)


「ハイブリッド戦線激化、ヨーロッパ車上陸」


初代プリウスの発売から12年。ホンダが2月に発売した2代目インサイトは予想を上回る売れ行きのようですが、ようやくハイブリッド車の気運はヨーロッパにも飛び火し、09年を皮切りに続々と登場しそう…>>続きを読む


「カリフォルニア州の排ガス規制強化は、日本車も壊滅させる」


米オバマ新大統領は、カリフォルニア州の新排ガス規制を容認する一方、連邦の燃費規制も強化する大統領令に署名しました。米国で販売される自動車の燃費は、今後30%以上の向上が求められそうです。この規制は、ビッグスリーをますます苦境に追い込むどころか、日本車にも燃費の改善を強く求めるものとなるでしょう…>>続きを読む


「電気自動車はビッグスリーを救うか」


米オバマ次期政権は、ビッグスリー救済の条件として電気自動車等の次世代車の開発を要求しています。それに応えるような形で、デトロイトの北米国際自動車ショーでGM、クライスラーは電気自動車を発表し、フォードは近々に発売すると発表しています…>>続きを読む


「明日はわが身か、ビッグスリーの低迷」


米国の自動車は、国内で消費する石油の70%近くを使ってしまいます。それだけ大量のCO2を排出していることになりますが、その原因として無視できないのは、今や自動車市場の25%近くにも増大している大きなSUVです。しかも、このSUVの販売低迷こそビッグスリー失墜の原因…>>続きを読む


「米国ビッグスリー壊滅。次は……」


米国ビッグスリーのトップ、ついこの間まで生産台数世界一の座を誇っていたGMが、6兆円の債務超過に陥りました。かつて経営を助けたいすゞ自動車に商用トラック部門の売却さえ持ちかけています…>>続きを読む


「メルセデスの逆襲」


メルセデス・ベンツは、ミニカーの“スマート”をEV=電気自動車に改造して、ロンドンで実証試験を行なっています。かつて大規模なEV実証試験をして、EVは汚染物質も、二酸化炭素も排出量が多いとしていたメーカーとしては、異例の取り組み…>>続きを読む


「トヨタ対ベンツ 勝敗は?」


今回の東京モーターショーでは、CO2排出量削減=燃費の向上という直近の課題に対して、自動車産業の雄トヨタと、自動車哲学の雄メルセデス・ベンツは、それぞれ真摯にこの課題に答えていました。>>続きを読む


「EUの小型車化とディーゼル車が狙う米国マーケット」


EUでは、非常に厳しい自動車のCO2排出量規制が施行されようとしています。ヨーロッパのメーカーはもちろん、ヨーロッパの市場を狙う日本のメーカーも対応を迫られています。この規制は、ヨーロッパのモータリゼーションと自動車そのものを大きく変えることになるでしょう…>>続きを読む


「電池を押さえる者が次世代車を制する」


トヨタが松下電器とパナソニックEVエナジー社を静岡県湖西市に設立したのは、1996年(平成8年)12月11日のことでした。翌97年にその電池を積んだ初代プリウスが登場するわけですが、その後にプリウス=ハイブリッド車が大評判になることも、電池が次世代車の中核的な技術…>>続きを読む

==========
By A.S. on Jun 5, 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。