スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッキョクグマが危惧種に

日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー 5月15日付記事を取り上げる。記事タイトルは、「ホッキョクグマが危惧種に - 地球温暖化で米政府指定」である。
記事にリンクを張っておくので、他のニュースコーナー記事や、コラム記事コーナーの記事に目を通すことをお勧めする。
日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー 5月15日付記事を取り上げる。記事タイトルは、「ホッキョクグマが危惧種に - 地球温暖化で米政府指定」である。
記事にリンクを張っておくので、他のニュースコーナー記事や、コラム記事コーナーの記事に目を通すことをお勧めする。

記事では、「米内務省は14日、地球温暖化による北極海の氷の減少で近い将来に絶滅の危険にさらされるとして、アラスカ州に生息するホッキョクグマを絶滅危惧種に指定すると発表した」としている。
これも、地球の現実を示すものであり、また、温暖化が現象面でどのように現れるかを示すものである。

温暖化の原因論については、科学的に特定されていないところはあるが、「原因である可能性」があることをひとつひとつつぶしていく必要があるのではないかと考える。
記事を引用しておく。

========
記事引用
========
【ワシントン14日共同】米内務省は14日、地球温暖化による北極海の氷の減少で近い将来に絶滅の危険にさらされるとして、アラスカ州に生息するホッキョクグマを絶滅危惧種に指定すると発表した。

温暖化の影響を理由にした指定は米国で初めて。米政府は保護策の実施が求められるが、ケンプソーン内務長官は「(温室効果ガスの)主要排出国全体の取り組みがなければ温暖化は止まらない」と言明、指定を根拠にした国内の温室効果ガスの規制強化をしないよう条件を付けるとした。

環境保護団体や民主党からは「保護を損なう措置だ」(シエラクラブ)などと批判が続出した。

ホッキョクグマは米アラスカ州の約3500頭を含め、カナダやロシアなど世界で2万-2万5000頭が生息している。1960年代の約1万2000頭からは増加したが、近年は海氷の縮小で主食のアザラシが捕獲しにくくなり絶滅の危機にあるとして、温暖化防止の象徴になってきた。

米国では昨年1月に魚類野生生物局が危惧種への指定を勧告。米地質調査所は今世紀半ばには生息数が3分の1に激減するとの予測を発表した。

指定決定の期限は今年1月だったが、内務省は検討に時間がかかると再三延期。連邦地裁は15日までに決定するよう命じる判決を出しており、その前日の発表となった。
========
By A.S. in Mar., 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。