スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COP10に向け生物多様性の危機を考える

日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)のスペシャルレポートコーナーの一連の記事を紹介しておく。
既に取り上げた記事もあるが、それぞれ目を通しておく価値がある。
=======
記事引用
=======
エコカー、自然エネルギー……エコロジーとエコノミーの両立を川原亜矢子さんが探る!

NIKKEI eco×eco(BS JAPAN)連動企画

エコロジー(環境)とエコノミー(経済)、この2つの言葉はギリシア語のオイコスという言葉を語源に持っているという。語源は同じでも「環境」と「経済」はまるで正反対――環境に配慮することはコストや手間がかかり経済的ではない、というように考えられている印象すらある。しかし、環境と経済はコインの裏表のようなもの。経済合理性を踏まえたうえでの環境対策でなければ、持続可能な地球環境作りへの道は遠い。 >>続き

COP10に向け生物多様性の危機を考える

守るべき生物多様性

人間の活動による生物の生息地の破壊や乱獲などを背景に、地球上の生物多様性が脅かされている。失われつつある生物多様性を世界的に保護していくことを目的として1993年に「生物の多様性に関する条約(生物多様性条約)」が発効、2010年10月には名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議(略称COP10)が開催される。>>続き

米国でも導入されつつある自然エネルギーの固定買取制度と連邦RPS法(高橋賢児)

世界に広がるグリーン・ニューディール

太陽光や風力発電の普及を目的に欧州で始まった、自然エネルギーの「固定価格買取制度」(FIT:Feed In Tariff、フィード・イン・タリフ)。日本でも経済産業省が先月24日、家庭からの太陽光発電の余剰電力を従来の2倍の価格で買い取る仕組みを導入すると発表して話題になっているが、米国では州のRPS(アール・ピー・エス)制度を補完する形で小規模発電へのFITの採用に向けた議論が数年前から始まっていた。>>続き

渇くオーストラリア

ナショナルジオグラフィック

オーストラリア南東部マレー・ダーリング盆地では、厳しい干ばつが7年も前から続く。もはや、住民に残された水も選択肢も尽きてきた。>>続き

WIRED VISION

米Aptera Motors社による、個性的なデザインの2人乗り3輪電気自動車、『2e』(日本語版記事)に乗ってニューヨークを走り回るのは奇妙な体験だ。道行く車がすべてスピードを落として、一体何だろうとチェックする。何事にも無関心であることを誇るニューヨーカーたちが、車を停めてこう尋ねてくる。「それ、飛ぶの?」>>続き
=========
By A.S. in Apr., 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。