スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地球は当面寒冷化」ってホント?

日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)のコラム記事コーナー4月23日付江守氏の記事、タイトルはは「『地球は当面寒冷化』ってホント?」は読んでおくことをお勧めする。
地球温暖化論に対する反対意見があり、逆に「地球は当面寒冷化」論があるとのことである。
科学者の目で見て、また、過去の長期スパンのデータを示しながらの説明であるため、理解できる。
確かに産業革命以降の化石燃料の大量消費により、炭素循環が変化し、結果として産業革命以降の地球温暖化が生じているように考える。
記事の一部を引用しておく。

なお、正しく理解するために、全文に目を通すことをお勧めしたい。
=======
記事引用
=======
温暖化科学の虚実 研究の現場から「斬る」!(江守正多)
「地球は当面寒冷化」ってホント?(09/04/23 by NIKKEI ECOLOMY)

江守正多(えもり・せいた)
1970年神奈川県生まれ。東京大学大学院博士課程修了後、97年より国立環境研究所 大気圏環境研究部 大気物理研究室に研究員として入所。01年より地球フロンティア研究システムにて地球シミュレータを用いた気候モデル研究に携わる。06年より現職。近著に『地球温暖化の予測は「正しい」か? 不確かな未来に科学が挑む』(化学同人)

こんにちは、国立環境研究所の江守正多です。
…(中略)…
さて、今回は、いわゆる懐疑論の話にもどります。「エネルギー・資源学会」のメール討論延長戦はお楽しみ頂けましたでしょうか。その中にも出てきていますが、最近、「地球温暖化は止まった」とか「寒冷化が始まっている」という説があるようです。
少し前の話になりますが、2月2日の日経新聞朝刊科学面に「地球の気候当面「寒冷化」」という見出しの記事が載りました。既に2月13日掲載の安井至さんのコラムで紹介されていますが、僕も今回これをもう少し解説してみたいと思います。記事の前文を引用します。
「地球の平均気温の上昇が頭打ちとなり、専門家の間で気候は当分寒冷化に向かうとの見方が強まってきた。地球温暖化の主因とされる二酸化炭素(CO2)の排出は増え続け長期的には温暖化が続きそうだが、自然の変動が気温を抑制するように働き始めたとみられている。気温の推移は、温暖化対策の行方にも影響を与えそうだ。」
これを読む限り、僕には特に違和感はありません。
…(中略)…
ここでしっかりと誤解を解いておきましょう。
記事の小見出しに「昨年の気温、21世紀で最低」と書かれています。これをぱっと見た人は、ずいぶん記録的な低温が起きたのだと思ったかもしれません。しかし、落ち着いて読んでくださいね。「21世紀」はまだ8年間だけしか記録がないのですから。
この記事には書かれていませんが、気象庁などの発表によれば、2008年の世界平均気温は観測史上10番目の高さです。「観測史上10番目に高い」と同時に「21世紀で最低」。つまり、21世紀8年間の世界平均気温は8年すべてが観測史上トップ10入りしているというわけです。
…(中略)…
さらに誤解を招きそうなのは、記事中の図です。手元のデータで、記事中の図と同じ趣旨のものを再現したのが次の図です。

HadCRUT3およびPCMDIのデータより国立環境研で作成<br><a href="/column/emori_seita/article.aspx?id=MMECza000017042009&page=3" _fcksavedurl=

HadCRUT3およびPCMDIのデータより国立環境研で作成
《クリックで拡大》

そして記事中の記述は次のようになっています。 
「……この結果、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が予測する気温の上昇カーブとの隔たりが拡大。IPCCは気温が2000―25年に10年あたり約0.2度のペースで上昇するとしているが、実際は最近10年で約0.2度下がった。」
これはどういうことでしょう。IPCCの予測は外れたのでしょうか。
実はそうではありません。IPCCの予測と実際に観測された気温変化の関係をより適切に表すグラフは、次のようになります。 

HadCRUT3およびPCMDIのデータより国立環境研で作成<br><a href="/column/emori_seita/article.aspx?id=MMECza000017042009&page=4" _fcksavedurl=

HadCRUT3およびPCMDIのデータより国立環境研で作成
《クリックで拡大》

図Aと図Bの違いは何かというと、図Aでは、IPCCの予測はたくさんのシミュレーション結果を平均した比較的直線的な線で表わされています。一方、図Bでは、たくさんのシミュレーション結果を平均しないで、1本1本を全部重ねて描いてみました。さらに、1960年までさかのぼってみると、観測された変動がシミュレーションの幅の中に入っていること、いわば「想定の範囲内」であることは、一目瞭然ですね。そして、今後長期的に気温が上昇していくという予測は、何ら修正を迫られていません。
…(中略)…

〇低温化の原因「太平洋10年規模振動(PDO)」
記事中では、「太平洋10年規模振動(PDO)」という自然現象が最近の低温化の原因として挙げられています。PDOというのは、よく知られているエルニーニョ現象と同じように、熱帯太平洋の海面水温が上がったり下がったりする現象です。熱帯太平洋が高温のときには北部北太平洋は低温(PDO指数プラス)、熱帯太平洋が低温のときには北部北太平洋は高温(PDO指数マイナス)というパターンになります。エルニーニョ現象が数年の周期で変動するのとちがって、PDOは不規則ではあるものの数十年の周期で変動します。

図 太平洋10年規模振動のパターン
PDOの空間パターン。左がPDO指数プラス、右が指数マイナス。<a href="http://jisao.washington.edu/pdo/" target="_blank">ワシントン大学ホームページ</a>より<br><a href="/column/emori_seita/article.aspx?id=MMECza000017042009&page=5" target="_top">《クリックで拡大》</a>

PDOの空間パターン。左がPDO指数プラス、右が指数マイナス。ワシントン大学ホームページより
《クリックで拡大》

左は熱帯太平洋が高温のときに北部北太平洋は低温(PDO指数プラス)になっているが、右は熱帯太平洋が低温のときに北部北太平洋は高温(PDO指数マイナス)になっているのがわかる

PDO指数の時間変化。<a href="http://jisao.washington.edu/pdo/" target="_blank">ワシントン大学ホームページ</a>より。<br><a href="/column/emori_seita/article.aspx?id=MMECza000017042009&page=6" target="_top">《クリックで拡大》</a>

PDO指数の時間変化。ワシントン大学ホームページより。
《クリックで拡大》


データを見ると、ここ数年はPDO指数がマイナスです。つまり、熱帯太平洋の広い面積で海面水温が平年より低いということです。これが地球平均気温を下げるように働いているのがわかります。
さて、「IPCCの予測は外れた」と思いながらこの説明を聞くと、PDOという現象はIPCCの予測計算には入っていないという印象を受けるでしょう。しかし実際には、そんなことはありません。IPCCの予測に用いられた気候モデルの多くは、PDOを現実と同じように再現できます。PDOは自然現象ですから、大気と海洋の方程式を解けば、PDOはシミュレーション結果の中に勝手に現れるのです。1本1本のシミュレーション結果がガタガタしているのは、PDOなどの自然変動をモデルが表現している証拠です。
…(中略)…
日経の記事には、「専門家の見方」として、2人の専門家のインタビューコメントが載りました。1人は僕で、おおむね、ここに説明したのと同じようなことをコメントしました。コメントは正しく記事にして頂いたと思いますが、今回の方が図も使って長く説明できたので、記事のコメントでは十分納得されなかった読者も、今回は納得してくれるのではないかと期待しています。
もうお一人はアラスカ大学名誉教授の赤祖父俊一さんでした。赤祖父さんとは「エネルギー・資源学会」のメール討論で議論していますので、僕との意見の違いはそちらをご覧ください。議論は今一つかみ合わなかった感じで終わりましたが、その理由も読者のみなさん一人ひとりが見極めて頂ければと思います。
…(後略)…
==========
By T.S. in Apr., 2009

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。