スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝

Yomiuri ONLINEの温暖化関連ニュースを取り上げておく。
注目するのは、「
ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝」、「高速道に太陽光発電パネル、年2200万円節約に」等々である。
温暖化問題への基本線が変化するものではないが、「ヒマラヤの氷河消失報道」については、IPCCももっとしっかりしてもらいたいものである。
記事の一部を引用しておく。


============
記事の一部引用
============
環境配慮のエココンビニ、ファミマが開店へ
Jan 25, 2010 by Yomiuri

ファミリーマートは25日、太陽光発電の設備や電気自動車の充電器などを置いた環境配慮型店舗の1号店(東京都練馬区)を27日にオープンすると発表した。

照明にLED(発光ダイオード)電球を使用し、従来より電気使用量を3~4割減らす。…

宮城県に飛来したタンチョウ(23日、登米市で)=吉田定雄さん撮影

国の特別天然記念物タンチョウが、宮城県北部に飛来した。

日本野鳥の会によると、タンチョウが同県で確認されたのは1976年以来、34年ぶりという。

今月後半から目撃例が相次ぎ、23日には大崎市の蕪栗沼(かぶくりぬま)()にいた1羽が隣の登米市内まで飛び、田んぼで餌を探す姿などが観察された。撮影した同県色麻町の会社員吉田定雄さん(54)の話では、ちょっかいを出してきたカラスに向かい、タンチョウがダンスのようなしぐさをして威嚇する様子が見られた。…

掘割となっている道路上部のコンクリート製梁(はり)()の上に、1・4平方メートルの発電パネルを計5・7キロにわたって1万枚並べる。…
============
By A.S. on Jan 26, 2010


イルカさんら「生きもの委員会」設立
Jan 25, 2010 by Yomiuri

今年は国連が定める国際生物多様性年で、10月には名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議が開かれることを受け、環境省は25日、国内で生物の保全活動を促すために、著名人らで作る国内組織「地球生きもの委員会」を設立した。

委員長に御手洗冨士夫・日本経団連会長が就任し、シンガー・ソングライターのイルカさん、前千葉県知事の堂本暁子さんら著名人のほか、名古屋会議開催地の愛知県や名古屋市の職員もメンバーに加わった。…

タンチョウ、宮城で34年ぶり確認写真あり
Jan 25, 2010 by Yomiuri 熱帯雨林保全に日本の技術を…岡田氏が貢献策
Jan 24, 2010 by Yomiuri

熱帯雨林保全など、アジアや中南米での環境分野で日本の技術などを生かそうと、岡田外相が包括的な貢献策「岡田グリーン・イニシアチブ」を打ち出した。

既に、今月16日に都内で開かれたアジア、中南米34か国による外相会合で参加各国の賛同を得ており、来年度以降、具体的な支援策を進めていくことにする。…

「COP16」へ28か国会合提案…仏大統領 
Jan 23, 2010 by Yomiuri

【パリ=林路郎】フランスのサルコジ大統領は22日、エリゼ宮(大統領府)で外交演説を行い、今年末にメキシコで行われる国連気候変動枠組み条約第16回締約国会議(COP16)に向け、主要排出国28か国による閣僚級の定期会合開催を提案した。…

トキと佐渡の検定スタート、東京でも受検可
Jan 23, 2010 by Yomiuri

佐渡島に関する知識を問う「佐渡トキ検定」と「佐渡観光・文化検定」が今年始まる。島内のほか東京でも受検は可能で、「佐渡ファン」拡大に一役買いそうだ。

トキ検定は、地域の自立支援に取り組むNPO法人「地域自立ソフトウェア連携機構」(東京都新宿区)が企画。環境に関する問題が中心で、トキの生態や人間とのかかわり、佐渡の歴史や産業などについて出題する。東京工科大学(東京都八王子市)の学生向けに6月に試行検定を行い、本検定は来年実施する。初回は、佐渡島でのボランティア活動に必要な知識を問う3級のみを実施する予定。…

今年は楽?花粉の飛散、昨春の約3割と予測写真あり
Jan 22, 2010 by Yomiuri

花粉症の人にとっては朗報――? 専門家で作る東京都の花粉症対策検討委員会は21日、今シーズンのスギやヒノキの花粉飛散予測を発表した。

飛散量は昨春の約3割に減少し、過去10年平均と比べても3~4割となるという。飛散開始日は、平年(2月14日)より1週間程度早い、2月7~11日ごろと予想される。…

プランクトンで養殖ノリ色落ち、防止へダム放流
Jan 21, 2010 by Yomiuri

岡山市の犬島周辺を主な漁場とする養殖ノリに、年末から年始にかけて植物プランクトンの大量発生による色落ちの被害が起きているとして、国土交通省岡山河川事務所は20日、吉井川上流の苫田ダム(鏡野町)の緊急放流を始めた。24日まで行う。
同事務所などによると、昨年12月31日から今年1月3日、漁場の水温低下などで植物プランクトンのケイ藻類が大量発生し、ノリの栄養分となる窒素が急減したという。…

ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝
Jan 21, 2010 by Yomiuri

【ワシントン=山田哲朗】国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、声明を発表し、2007年の第4次報告書で「ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝した。

世界中の科学者が協力して作成した報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元米副大統領と2007年にノーベル平和賞を受賞したが、地球温暖化の懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。…

高速道に太陽光発電パネル、年2200万円節約に写真あり
Jan 21, 2010 by Yomiuri
 
名古屋環状2号線・高針―名古屋南間に設置される太陽光発電設備をイメージした合成写真(中日本高速道路提供)

中日本高速道路は20日、名古屋市名東区から緑区にかけて建設中の名古屋環状2号線・高針―名古屋南間(12・7キロ)に、高速道路では全国最大規模となる太陽光発電設備を設置すると発表した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

■<気候変動>「ヒマラヤの氷河35年ごろ消失」は誤り IPCC認める-IPCCはバチカンか?

こんにちは。IPCCは、「ヒマラヤの氷河消失」の時期を完全に、そうしておそらく単純に間違えていたようですが、これを認めるのに数年もかかってしまっています。いろいろ、思惑もあったのでしょうが、科学の世界では、エビデンス(証拠)が最も大事であって、どんなに少数派であろうが、有名でなかろうが、確かなエビデンスを出した人の意見が最も尊重されます。これだけ時間が、かかるということは、様々な駆け引きや思惑が働いていたものと考えられます。今回の出来事は、IPCCは最早科学的な団体ではなく、宗教団体か政治結社のようになっているという査証だと思います。さらに、地球温暖化二酸化炭素説ならびに地球温暖化災厄説などは、最早科学的な説ではなく、宗教上の教義や、政治的プパガンダのようになっている査証ではないかと思います。詳細は、是非私のブログを御覧になって下さい。
Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。