スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路、渋滞解消の切り札は?

エコロジーネットワーク / 温暖化関連ニュース(58) / 温暖化関連ニュース(60)

日経ECOLOMYのインタビュー記事を取り上げる。
タイトルは、「高速道路、渋滞解消の切り札は?―「渋滞学」の東大・西成教授に聞く 」である。
今回のシルバーウィークを通じて、各地の高速道路で渋滞が取りざたされている。
考えてみるまでもなくということになるのかもしれないが、渋滞に巻き込まれている場合、走る距離とガソリン使用量との関係で燃費が極端に落ちることは容易に理解できる。
その意味で、西成東大教授の話は耳を傾けておくべきであると感じる。

記事に一部を引用しておく。
============
記事に一部引用
============

高速道路、渋滞解消の切り札は?―「渋滞学」の東大・西成教授に聞く

◎「1000円高速」は日本経済にマイナス

――まず「1000円高速」をどう評価しますか。

休日限定のうえ、ゴールデンウイークや夏休みにも適用したために、渋滞が起きるはずがない地点でも起きたり、渋滞区間がつながって大渋滞になったりした。東北道で70キロメートルの渋滞とかはあり得ない。トラック業界は、自分たちの通行料は値下げにならないうえ、時間通りに目的地に着かないと悲鳴を上げている。サービスエリアも渋滞がひどくなると、ドライバーは立ち寄らなくなるのが人間心理。「1000円」でETCの関係者は得をしたが、日本経済全体への影響はマイナスだった。…

◎世界の常識「高速は無料の社会インフラ」

――その先にある高速無料化をどうみますか。

皮肉なことに、ETCは基本的に要らなくなる。民主党が求めたガソリン税などの暫定税率廃止に端を発した、つぎはぎの交通政策の象徴だ。車の使用を控えて二酸化炭素(CO2)の排出を減らそうという地球温暖化対策との整合性もない。ここ1年半、政治はいったい何をやってきたのかというのが正直な感想だ。
それでも、財源さえ許せば、無料化は賛成だ。海外の高速道路事情を考えてほしい。「高速道路は無料の社会インフラ」というのが世界の常識だ。ドイツのアウトバーンがすべて無料なことはよく知られている。…

◎無料化で大渋滞が「見える化」

――しかし、無料化すると車が高速に殺到して大混乱になるのでは。

…車の殺到でどれだけ渋滞するか、詳しいシミュレーションは誰にもできない。1車線に1時間2000台を通過させるのが限界とされている。これ以上の車が押し寄せたら絶対に渋滞する。今の日本の高速には1800台ぐらいの地点がたくさんある。無料化でふだんは車を使っていない人たちが入ってくれば、大渋滞がたちどころに「見える化」してしまうことは明らかだ。

◎人の流れの解析に個人情報保護法の壁


…人の流れは長らくブラックボックスだった。駅で定点観測はしていても、流れはつかめない。それが、自動改札とETCによって入り口と出口のデータが集まり、解析が可能になってきた。しかしデータがあっても、現状では自由に使えない。鉄道も道路も、個人情報保護法がハードルになっている。個人情報が薄まるように、ある程度人数をまとめた形でデータを提供してもらえれば、と願っている。

大都市都心部や混雑時間帯での自動車利用者に対して、特別な料金を課して交通量を削減させるロードプライシング。日本では導入に壁がある(写真は渋滞する名神高速道路) 

◎「情報提供で混雑緩和」は幻想

――どこがどれだけ混雑しているか、情報がまだ足りない気がします。

カーナビとか道路システムの研究者や企業にはそもそも誤解がある。情報を提供すれば混雑は減る、解消するという幻想だ。論文によれば、混雑情報を全体の3割以上に与えると、情報がないときより渋滞は悪化するという。人間は流れを見て行動するからだ。情報に敏感に反応することで変化して失敗する典型例が金融だ。ミクロの情報とマクロの行動をうまくつなぐ策は、いまのところない。

◎40メートルの車間距離維持が効果的

――今年になって、高速道路で渋滞緩和実験したそうですね。

…ところが、40メートルの車間距離を保って走行することで、できかけの渋滞が解消されることを確かめた。実験の模様を収録したDVDも制作した。自動車教習所や免許の更新時に警察署でドライバーに見てもらう予定で、日本で初めての渋滞教育になりそうだ。
高速事故の2割は渋滞が原因だ。渋滞で燃費は著しく低下し、CO2の排出は増える。車間距離を開けた運転を心がければ、渋滞・事故・燃費で一石三鳥の対策になる。しかもよけいなお金は一切かからない。これは高速無料化になった際の渋滞解消の切り札になりうる。目の前に渋滞があれば、ゆっくりと走る――後ろの人に迷惑をかけているように見えるかもしれないが、イソップ童話にあるように、「カメはウサギに勝つ」を思い出そう。
============
By A.S. on Sep 20, 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。