スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般ごみ1.3%減、11年前の水準に

エコロジーネットワーク / エコロジー活動(2)

日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー 6月4日付記事を取り上げる。
記事タイトルは、「一般ごみ1.3%減、11年前の水準に 06年度、環境省調査」である。記事にリンクを張っておくので、他のコラム記事や、ニュースコーナー記事、インタビューコーナーの記事に目を通すことをお勧めする。
日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー 6月4日付記事を取り上げる。
記事タイトルは、「一般ごみ1.3%減、11年前の水準に 06年度、環境省調査」である。記事にリンクを張っておくので、他のコラム記事や、ニュースコーナー記事、インタビューコーナーの記事に目を通すことをお勧めする。

記事は、環境省が「2006年度の家庭ごみなど一般廃棄物の総排出量が前年度比1.3%減の5202万トンだったとの調査結果を公表した。東京ドーム約140杯分に相当する。11年前の1995年度とほぼ同水準となった」ことを公表していることに関するものである。

記事では、リサイクルの進展などが要因のひとつとしているが、いいことである。
日経ECOLOMYのインタビューコーナーで、日本電産の永守重信社長が、「もったいない精神が日本を再び豊かにする」と主張されているが、まさにそのとおりであると感じる。。。
リサイクルも、「もったいない精神」を基点に、誰かに再使用してもらえる、あるいは、再資源化されるとの意識が根底にあると考える。

その意味で、リサイクルによる再資源化も含め、家庭ゴミなどの一般廃棄物が今後とも減少傾向をたどることを期待したい。
記事を引用しておく。

========
記事引用
========
環境省は3日、2006年度の家庭ごみなど一般廃棄物の総排出量が前年度比1.3%減の5202万トンだったとの調査結果を公表した。東京ドーム約140杯分に相当する。11年前の1995年度とほぼ同水準となった。

総排出量のうち、資源として再利用した量は前年度比1.8%増の1021万トンで、リサイクル率は19.6%。量、率とも過去最高を更新した。

総排出量は2000年の5483万トンをピークに03年度を除いて年々減少。環境省は12年度に5000万トンにする計画を掲げており、「この傾向が続けば達成できる」としている。
========
By A.S. in Mar., 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。