スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットボトル使用禁止へ ペルーのマチュピチュ遺跡

日経ECOLOMYの環境関連ニュース記事を取り上げておく。
気になったのは、「『農薬空散』揺れる自治体 中止か継続か、健康被害で」、 「インド北部で地下水が減少 6年で琵琶湖4つ分」、「ペットボトル使用禁止へ ペルーのマチュピチュ遺跡」などである。
農薬の空中散布の人体への影響の問題は大きく、単に人体への影響にとどまるものではなく、自然の生態系への影響も懸念されるところである。
インドの地下水現象については、人口増が自然降雨の量を上回るということで、地球の人口増と食料や飲み水の関係が懸念される。
また、ペルーの遺跡のペットボトル禁止の問題は、観光客のエチケットにかかわる問題である。
記事の一部を引用しておく。
===========
記事の一部引用
============
「農薬空散」揺れる自治体 中止か継続か、健康被害で 
Aug 14, 2009 by 日経ECOLOMY
島根県出雲市で農薬を散布するヘリコプター〔共同〕
(島根県出雲市で農薬を散布するヘリコプター〔共同〕)

昨年5月、島根県出雲市で、登校した児童や生徒が目のかゆみや頭痛を訴え、被害は大人を含め1000人を超えた。当時、松枯れ対策のため農薬を空中散布していたことが後に判明した。
出雲市は「因果関係は未解明だが、安全が確認できない」と今後10年間散布を取りやめ、松江市や山口市も続いた。全国各地で同様の被害があり、専門家は「農薬には刺激性があり散布を控えるべきだ」と指摘。一方で続ける自治体もあり、判断が揺れている。…

柏崎刈羽6号機の再開容認 月内にも起動
Aug 13, 2009 by 日経ECOLOMY

2007年の新潟県中越沖地震で被災した東京電力柏崎刈羽原発(同県)のうち、原子炉起動前の点検を終えた6号機について、専門家でつくる県の技術委員会は13日、運転再開を容認した。
既に経済産業省原子力安全・保安院も了承しており、県と地元の柏崎市、刈羽村が同意すれば、東電は8月中にも原子炉を起動させ試験運転を始める。期間は40日程度。運転再開は7号機に次いで2基目となる。…

インド北部で地下水が減少 6年で琵琶湖4つ分
Aug 13, 2009 by 日経ECOLOMY

【ワシントン共同】インド北部の地下水位が、急速に低下しており、対策を取らなければ、同地域の農業や1億人以上の飲み水に大打撃を与える恐れがあるとの報告を、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが12日、英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。
食料需要の増加に伴い、地下の帯水層にたまった地下水を、降水で自然にたまるより速いペースでくみ上げたことが理由で、6年間の減少量は琵琶湖の容積(27.5立方キロメートル)約4個分に相当するという。…

神戸・北野にマッチ専門店 レトロ調、缶詰入り… 
Aug 13, 2009 by 日経ECOLOMY
ユニークな商品が並ぶマッチ専門店「マッチ棒」=神戸市中央区〔共同〕
(ユニークな商品が並ぶマッチ専門店「マッチ棒」=神戸市中央区〔共同〕)

神戸市中央区の観光スポット「北野工房のまち」に、マッチ専門店「マッチ棒」がオープンした。明治・大正時代のラベルを使ったレトロな商品のほか、絶滅危惧種の動物を描き売上金の一部が自然保護団体に寄付されるマッチや、湿気に強い防災用缶詰入りマッチなどユニークな品がそろっている。
明治時代に神戸に住んでいた華僑が神戸港からマッチを輸出したことなどから、兵庫県のマッチ製造が盛んになり、現在でも国内生産の8割を同県姫路市やたつの市などの県産品が占める。…

小型ハイブリッド車発売へ トヨタ、低燃費、低価格で
Aug 13, 2009 by 日経ECOLOMY

トヨタ自動車が、燃費性能がガソリン1リットル当たり40キロを超える小型ハイブリッド車を2011年にも発売することが13日、分かった。価格は、新型「プリウス」やホンダの「インサイト」といった200万円前後の現行ハイブリッド車を大きく下回る100万円台半ばとなる見通し。…

「エコ改修」でCO2、37%減 小学校の校舎で文科省試算
Aug 12, 2009 by 日経ECOLOMY

文部科学省の国立教育政策研究所は12日までに、小学校の校舎の壁面や屋上に断熱材を取り付け冷暖房の効率を改善するなどの「エコ改修」を実施すれば、電気などの消費を減らせ二酸化炭素(CO2)の排出量を校舎1棟当たり年間約37%削減できるとの試算結果をまとめた。…

エコカー施策で販売復調 HV目当て、販売店に客 
Aug 12, 2009 by 日経ECOLOMY
エコカー施策の追い風を受け、大人気のトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」=1日、金沢市〔共同〕
(エコカー施策の追い風を受け、大人気のトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」=1日、金沢市〔共同〕)

政府が打ち出した低公害車(エコカー)への優遇税制や買い替え、購入補助の施策が奏功し、国内販売が復調の兆しを見せている。人気のハイブリッド車(HV)などを目当てに販売店に客足が戻り、低迷を続けていた新車販売台数はほぼ前年同月並みの水準に戻った。
日本自動車工業会(自工会)は「施策が確実に販売への効果は出ている」と分析。業界にも安心感が出てきているが将来需要の先食いという見方から「反動が業績に悪影響を及ぼす可能性もある」(マツダの尾崎清専務)との懸念の声もある。…

公害協定値超える窒素検出 中部電の施設の排水から
Aug 12, 2009 by 日経ECOLOMY

中部電力は12日、愛知県飛島村の変圧器リサイクルセンターの排出水から、同県などとの公害防止協定で定めた基準を超える窒素を検出した、と発表した。同社は運転を停止し、原因を調べている。…

GSで充電サービス 石油各社が実証実験
Aug 12, 2009 by 日経ECOLOMY

新日本石油や出光興産など石油元売り各社は12日、電気自動車の普及に備えて、ガソリンスタンドでの「充電サービス」の実証実験を今秋に始めると発表した。資源エネルギー庁による電気自動車向け環境整備の委託事業に採択された。…

ペットボトル使用禁止へ ペルーのマチュピチュ遺跡 
Aug 11, 2009 by 日経ECOLOMY
ペルー南部のマチュピチュ遺跡〔共同〕
(ペルー南部のマチュピチュ遺跡〔共同〕)

【リオデジャネイロ共同】南米ペルーのインカ帝国時代(15~16世紀)の代表的な都市遺跡マチュピチュがあるマチュピチュ村は環境保全のため、13日から村内でペットボトル入り飲料の販売や持ち込みを条例で禁止する。同国の旅行業界関係者によると、ペルーの自治体で初の取り組み。遺跡保護のため自治体全域からペットボトルを追放するのも珍しいという。
ペルー政府によると、マチュピチュ遺跡を訪れる観光客は2002~08年でほぼ倍増し、08年は約86万人。定住人口推定150人の村で毎月1トン以上の投棄ペットボトルが回収される。ペットボトルが川にたまったり、害虫の繁殖場所になるなどして「遺跡の自然環境にダメージを与えている」(村幹部)という。…
===========
By A.S. on Aug 16, 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。