スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日立がハイブリッド車用電池を制覇する

日経ECOLOMYのコラム記事を取り上げておく。
自動車評論家の舘内端(たてうち・ただし)氏が投稿している記事である。
自動車業界の動静、また、ハイブリッド車に関連する状況を理解することができる。
記事の一部を引用しておく。
============
記事の一部引用
============
「日立がハイブリッド車用電池を制覇する」
Jul 7, 2009 by Nikkei Ecolomy


日立製作所は米ゼネラル・モーターズ(GM)から、10万台のリチウムイオン電池システムを受注しました。これは、GMが2010年に北米で年間10万台以上の規模で市場投入する予定のハイブリッド電気自動車に搭載するということです。15年には、その他の自動車メーカーからの受注も合わせて、合計70万台のリチウムイオン電池を生産する計画です。世界が注目する電池事業で、日立は一躍トップに躍り出るのでしょうか。…

「電気自動車i-MiEVは使えるか」
Jun 23, 2009 by Nikkei Ecolomy

三菱自動車は電気自動車の「i-MiEV」を発表しました。富士重工業も電気自動車の「プラグイン・ステラ」を発表しました。いずれも7月からの販売ということです。i-MiEVは459万9000円、プラグイン・ステラは472万5000円です。果たして、電気自動車は使いものになるのでしょうか。
これまで電気自動車を手作りに近い形で生産したことはありました。しかし、量産するのは、今回が初めてです。そうした意味で、今年を電気自動車元年と呼んでもよいと思います。…

「GM破綻、次は日本のメーカー?」
Jun 9, 2009 by Nikkei Ecolomy

長らく自動車業界で世界トップだった米ゼネラル・モーターズ(GM)が、ついに経営破綻しました。経営、クルマづくり、販売と、自動車のすべてにおいてGMを師と仰いできた日本の自動車メーカーは、同じ体質を持っています。次は日本の自動車メーカーが経営破綻するのでしょうか。
GMの破綻の原因については、色々いわれています。しかし要約すると自動車バブルの崩壊が主因だと思います。自動車はGM的であろうがなかろうが、バブル経済的存在なのです。GMはその点でたいへん成功し、成功したために破綻の規模も大きく、傷も深いということではないでしょうか。
もしそうだとすれば、GM的体質を色濃く持つ日本の自動車メーカーも、成功したからこそ破綻の危険性が高いといえます。…

「ハイブリッド車VS電気自動車、生き残るのは?」 
May 26, 2009 by Nikkei Ecolomy
決算発表の記者会見で日産のリカバリープランについて説明するカルロス・ゴーン社長兼CEO=12日、東京・銀座
(決算発表の記者会見で日産のリカバリープランについて説明するカルロス・ゴーン社長兼CEO=12日、東京・銀座)

ハイブリッド車開発で出遅れた日産は、ゴーン社長の強力なリーダーシップの下に、電気自動車で起死回生を図ります。果たして電気自動車はハイブリッド車を上回り販売台数を増やせるのでしょうか?
日産が営業赤字に転落したのは1995年以来14年ぶり。99年にゴーン社長体制になってからは初めてです。この危機的状況に、原価低減といった地道な努力のほかに、新型の電気自動車を開発・販売することで業績回復を図ろうとしています。
日産は00年4月に初のハイブリッド車であるティーノ・ハイブリッドを販売しています。ただし100台限定でした。新任のゴーン社長の意向もあり、コストカットこそが必要な時期に、赤字覚悟のハイブリッド車の販売は困難ということで、その後の販売はありませんでした。…

「フィアット3社連合は生き残れるか」
May 12, 2009 by Nikkei Ecolomy
クライスラーとGM欧州部門の統合案を独政府に伝えたフィアットのマルキオーネCEO=4日〔AP〕
(クライスラーとGM欧州部門の統合案を独政府に伝えたフィアットのマルキオーネCEO=4日〔AP〕)

イタリア最大の企業グループ、フィアットは、米国ビッグスリーの一角、クライスラーと資本提携し、さらにGMの傘下、ドイツのオペルの買収も視野に入れ始めました。この3社がいっしょになると、その規模は年産600万台となり、世界第4位に躍り出ます。果たして規模を拡大することで、フィアット連合は生き残れるのでしょうか。…

「ホンダ逆襲なるか 電池開発急ピッチ」
Apr 28, 2009 by Nikkei Ecolomy
リチウムイオン電池製造工場の建設予定地で握手するホンダの福井威夫社長(右)とジーエス・ユアサコーポレーションの依田誠社長=21日、京都府福知山市〔共同〕
(リチウムイオン電池製造工場の建設予定地で握手するホンダの福井威夫社長(右)とジーエス・ユアサコーポレーションの依田誠社長=21日、京都府福知山市〔共同〕)

ハイブリッド車用電池開発では、トヨタに一歩も二歩も遅れを取ったホンダが、急ピッチで電池開発を進めています。電池を制したカーメーカーが世界を制するとまでいわれる電池の開発ですが、眠れるホンダがようやく目覚めたようです。果たして逆襲は可能でしょうか。…
============
By A.S. on Jul 10, 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。