スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガソリン代替のバイオエタノール、ホンダが植物廃材で量産

日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー 4月30日付記事を取り上げる。
タイトルは、「ガソリン代替のバイオエタノール、ホンダが植物廃材で量産」である。記事タイトルにリンクを張っておくので、ニュースコーナーやコラム記事等をチェックしてみるとよい。
日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー 4月30日付記事を取り上げる。
タイトルは、「ガソリン代替のバイオエタノール、ホンダが植物廃材で量産」である。記事タイトルにリンクを張っておくので、ニュースコーナーやコラム記事等をチェックしてみるとよい。

記事は、「ホンダと独立行政法人の地球環境産業技術研究機構(RITE)はガソリン代替燃料のバイオエタノールを低コストで量産できる技術を開発した」というもので、国際的にコスト競争力のある量産技術であるとのこと。
2010年を目途に実用化を目指すとのことであるが、早く実用化が実現することを期待したい。。。
昨今は、NYの原油先物市場も1バーレル当たり120ドル近くのところで高止まりしている。

暫定税率の再可決により、ガソリンもまた1リットル当たり155円程度になるであろうと見込まれ、庶民の生活を直撃することになる。
その意味で、温暖化防止に貢献しつつ、同時に、低コストのエネルギー源の量産化に期待したいところである。。。
記事を引用しておく。

========
記事引用
========
ホンダと独立行政法人の地球環境産業技術研究機構(RITE)はガソリン代替燃料のバイオエタノールを低コストで量産できる技術を開発した。稲わらなどの植物廃材を原料に、1リットル当たりの生産コストを国際競争力のある30円程度に抑えられる。原油価格の高騰でトウモロコシなどを使うバイオ燃料の需要が拡大し、食糧価格を押し上げている。省資源と温暖化ガス削減につながる技術として2010年をメドに実用化を目指す。

ホンダの全額出資子会社である本田技術研究所(埼玉県和光市)とRITEが開発した生産技術は、雑草や稲わらの繊維質をすべて1回の処理でエタノールに変えることができる。繊維質の種類ごとに処理する従来方式に比べ生産効率が上がり、稲わら1キログラムから約400ミリリットルのエタノールが作れる。
========
By A.S. in Mar., 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。