スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂糖で発進!夢の自動車実現へ一歩 米大学が開発

朝日新聞のWEB版asahi.comサイエンスのコーナーで面白い記事を発見した。
5月1日付記事で、タイトルは、「砂糖で発進!夢の自動車実現へ一歩 米大学が開発」である。
記事タイトルにリンクを張っておくので、チェックしてみることをお勧めする。
朝日新聞のWEB版asahi.comサイエンスのコーナーで面白い記事を発見した。
5月1日付記事で、タイトルは、「砂糖で発進!夢の自動車実現へ一歩 米大学が開発」である。
記事タイトルにリンクを張っておくので、チェックしてみることをお勧めする。

記事は、「多糖類のでんぷんに水と酵素を加え、効率よく水素をつくり出す技術を米バージニア工科大の研究チームが開発した」ことに関するものである。
夢のある話で面白い。。。
水素を効率よく発生させる技術であり、水素自動車の実現に結びつく話である。

ただし、開発者の張博士によると、「水素の発生効率を上げていくと、8~10年先なら、砂糖自動車に使えるほどの効率にできるのではないか」とのことであり、まだまだ時間がかかりそうである。
しかし、温暖化ガス排出による環境負荷を削減するために、実現が速まることを期待したいところである。。。
記事を引用しておく。

========
記事引用
========
【ワシントン=勝田敏彦】多糖類のでんぷんに水と酵素を加え、効率よく水素をつくり出す技術を米バージニア工科大の研究チームが開発した。4月の米化学会で「ガソリンの代わりに砂糖で動く、環境負荷の小さい自動車の実現につながる技術」として報告した。論文も米科学誌プロスワンに掲載された。

 イラスト

張以恒(チャン・イヘン)博士らのチームは、ブドウ糖がつながったでんぷんと水に、よく知られている13種類の酵素を加え、人間の体温ほどの温度に保つなど条件を工夫したところ、これまで知られている反応より3倍も効率よく水素が発生した。

現在、ごく一部で使われている燃料電池自動車は、ガソリンスタンドのような水素ステーションでボンベに高圧の水素を補給する。「砂糖自動車」ができれば、水素ボンベではなく砂糖タンクと反応器を積み、砂糖を補給して走ることになり、安全性や利便性が高まる。

張博士は、水素の発生効率を上げていくと「8~10年先なら、砂糖自動車に使えるほどの効率にできるのではないか」という。今回の技術に似たものとしては、ブドウ糖を使って直接発電するバイオ電池がある。ソニーが昨夏、半導体メモリーから音楽を再生するシステムを発表している。
========
By A.S. in Mar., 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。