スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2排出量ゼロに挑戦するコンテナ船・日本郵船

日経ECOLOMYの記事を取り上げておく。
「エコ馬に乗れ」のコーナーで取り上げられている記事である。
国際海上運送に関わっている関係上、「CO2排出量ゼロに挑戦するコンテナ船・日本郵船」の記事に興味をもった。
フードマイレージではないが、国際海上輸送は長距離輸送であるため、CO2排出量も相当なものである。
しかし、海上運送人である船会社が「CO2排出量ゼロ」にチャレンジするのはあるべき姿であると考える。
「エコ馬に乗れ」のコーナーの一連の記事の一部を引用しておく。
============
記事の一部引用
============
CO2排出量ゼロに挑戦するコンテナ船・日本郵船
Jun 16, 2009 by Nikkei Ecolomy
スーパー・エコ・シップに盛り込まれたCO2削減技術(日本郵船提供)

日本郵船が4月に発表した未来のコンテナ船「スーパー・エコ・シップ」が話題を呼んでいる。液化天然ガス(LNG)の燃料電池を動力にして二酸化炭素(CO2)排出をゼロに近づける。発表以来、造船会社などから「いつつくるのか」など問い合わせが多いそうだ。未来の海運技術を描く狙いと実現への道筋を同社の経営委員(執行役員)で環境特命プロジェクトの事務局長を務める左光真啓(さみつ・まさひろ)さんに聞いた…

木炭で温暖化防止を目指す・小川真 日本バイオ炭普及会会長
Jun 2, 2009 by Nikkei Ecolomy
炭を入れて菌をつけることで大きく育ったトマトの根(左、小川氏提供)
(炭を入れて菌をつけることで大きく育ったトマトの根(左、小川氏提供))

間伐材や農業廃棄物を原料にして作る木炭(バイオ炭=bio char)に世界的な注目が集まっている。砕いた炭を農地や林地に埋めれば土壌の性質を改良し生産性を高めるだけでなく、燃やせば二酸化炭素(CO2)として大気中に放出してしまうはずの炭素を地中に固定する効果もあり、地球温暖化対策にもつながる。木炭の効能を長く研究してきた小川真・大阪工業大学客員教授は、温暖化対策も含め木炭利用の拡大を目指し企業や大学の研究者を集めて日本バイオ炭普及会を発足させた。木炭を巡る新たな動きや利用法について聞いた…

太陽光発電で電気自動車を充電できる家・アイフルホーム――エコうまに乗れ
May 18, 2009 by Nikkei Ecolomy
普及帯の価格設定で発売したセシボ・アニバーサリー(アイフルホーム提供)
(普及帯の価格設定で発売したセシボ・アニバーサリー(アイフルホーム提供))

「アイフルホーム」を展開する住生活グループ傘下のトステム住宅研究所(東京・江東)は4月から太陽光発電システムを搭載し、電気自動車の充電に対応した住宅の販売を始めた。太陽光発電を備えた住宅は各社が商品化しているが、電気自動車の使用を念頭に置いた住宅はまだ例が少ない。東京工業大学などと共同研究をしてきた成果だ。「地球温暖化対策で住宅メーカーに何ができるのか考えた」と話す同社開発部の寺師成明グループリーダーに新商品の特徴などを聞いた…

バイオ燃料で飛行機のCO2排出量をカット・日本航空――エコうまに乗れ
Apr 20, 2009 by Nikkei Ecolomy
バイオ燃料で離陸したB747(日本航空提供)
(バイオ燃料で離陸したB747(日本航空提供))

日本航空は今年1月、バイオ燃料で大型旅客機ボーイング747(B747)を飛ばすデモンストレーション・フライトを実施し話題を呼んだ。機内の食器を軽くするなど軽量化による燃料節約に取り組んでいるとのPRも目にする。二酸化炭素(CO2)排出削減で、航空輸送の削減も大きな課題だ。
2010年を目標に、輸送量あたりのCO2排出を1990年比で20%削減を目指している同社で、対策の最前線にたつ地球環境部長の阿部泰典さん、同部マネジャーの吉田建夫さん、「バイオ・フライト」の操縦桿(かん)も握ったB747機長の松並孝次さん、機体整備から省エネに取り組む整備本部の久芳(くば)珠子さんの4人に「空の温暖化対策」を聞いた…

環境に優しく経済的にお得なLED照明を開発・東芝ライテック――エコうまに乗れ
Apr 6, 2009 by Nikkei Ecolomy
CO2排出量比較(東芝ライテック提供)
(CO2排出量比較(東芝ライテック提供))

東芝ライテックは昨年4月、白熱電球の生産を2010年度中にやめることをいち早く打ち出した。消費電力が少ない電球型蛍光ランプやLED(発光ダイオード)照明への切り替えを後押しし、地球温暖化対策への貢献を目指す。同時に高付加価値で競争力の高い省エネ型の電球を成長の核にしようという戦略だ。この3月には一般の電球と取り換えが容易にできるLED(発光ダイオード)電球を発売した。
新しいLED電球の開発を担当した同社技術本部長附の清水恵一さんと、市場への売り込みの指揮をとる管球事業部商品部長の永島一弘さんにLED電球の開発経緯などを聞いた…
============
By A.S. on Jun 19, 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

こんばんは

日本郵船。開発するほうも、その経過を見守るほうも、ワクワクどきどきしますね。エコ船が本当に出来上がったら、すごいなあと思います。技術水準の高い日本だったらできると思います。

追伸:トラックバック設定したのですが、うまく機能していなかったみたいですね(汗)。もし、どうしてもうまくいかなかったら、ブログ記事の最後に紹介していきたいと思います(毎日は無理かもしれませんが)。すみませんがよろしくお願いします。
Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。