スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイブリッド車VS電気自動車、生き残るのは?

日経ECOLOMYコラム記事コーナーの舘内端(たてうち・ただし)氏のコラム記事を取り上げておく。
ホンダがインサイトを発売し、それに対抗してトヨタが新型プリウスで迎え撃つという構図になっている。
新型プリウスについては受注が順調の伸び、価格で対抗したインサイトも販売好調とのこと。

続きを読む

スポンサーサイト

テレビ6割増、冷蔵庫2倍 エコポイント効果で好調

日経ECOLOMYのコーナーの「今日の話題」で取り上げられているニュース記事を取り上げる。
エコポイント効果に関する報道がなされており、テレビや冷蔵庫でその効果が現れているようである。

続きを読む

地獄の鬼、外で働け!―エコで注目「地熱発電」

日経ECOLOMYのコラム記事を取り上げる。
別府G面の斉藤正樹氏が投稿している記事である。
温泉熱を利用した「地獄蒸し」また温泉熱を利用した「地熱発電」なども、いわゆる自然エネルギーの再利用が原点であり、まさにエコクッキング、太陽光発電等自然エネルギーを利用した発電に関係する。

続きを読む

カーボンはエコロジーの味方???

エコロジー、温暖化問題に関連するニュース記事を取り上げておく。
日本国内の動き、世界の動き等が理解できると考える。
参考になれば幸いである。

続きを読む

マスク姿は日本だけの「異様」

日経WagaMagaの記事を取り上げておく。
ECOLOGYとは結びつかない。。。
この間、新型インフルエンザが日本に上陸、神戸から大阪へと広がり、福岡でも感染が確認されているとのことである。
先週1週間は、神戸三宮駅で乗車すると、マスク族が大方90%という状況が継続した。
他方、三宮のホームで見かける外国人はほとんどマスクをかけていない。

続きを読む

中国とインドの電動車両事情

日経 ECO JAPAN - 成長と共生の未来へ -というコーナーがある。
経済の発展を維持しつつ、同時にECOLOGYを基礎にした未来との共生は両立するとの視点が考え方の基本にあると考えられる。
まさにその通りで、ECOとビジネスは両立する。
例えば、自然エネルギーを電力エネルギーに変換する太陽光発電であったり、風力発電であったり、環境をキーワードにしたビジネスチャンスは無限にありうるように考えられる。

続きを読む

“人の手”こそ石油に代わる資源

日経 ECO JAPAN - 成長と共生の未来へ -というコーナーがある。
経済の発展を維持しつつ、同時にECOLOGYを基礎にした未来との共生は両立するとの視点が考え方の基本にあると考えられる。
まさにその通りで、ECOとビジネスは両立する。
例えば、自然エネルギーを電力エネルギーに変換する太陽光発電であったり、風力発電であったり、環境をキーワードにしたビジネスチャンスは無限にありうるように考えられる。

続きを読む

RKKエコランド2009始まる

エコロジーに関するニュースを取り上げておく。
エコロジーに関連してどのような動きがあるか理解できるのではないかと考えられる。
個人個人のレベルでの活動の積み重ねがいずれ大きなうねりとなり、未来の地球環境との共生につながっていくものと思う。。。

続きを読む

米温暖化法案が下院委通過 国際枠組み参加の試金石

温暖化に関するニュース記事を取り上げておく。
温暖化に関する中国の動き、また、アメリカで温暖化法案が下院と通過したという記事が注目される。
中国、アメリカ両国はCO2大量排出国であり、ポスト京都議定書の枠組みの中に参画すべき国であり、その動向に注目しておく必要がある。

続きを読む

地域ぐるみで「とりかエコ」 子どもの衣服など交換/大和市

エコロジーネットワーク / エコロジー活動(8) / エコロジー活動(10)

エコに関するニュースを取り上げておく。
企業の動きであったり、地域の活動であったり、環境に関連する動きが理解できると考えられる。
参考になれば幸いである。

続きを読む

ドコモ CO2削減へ実験センター 増えるサーバー「排熱」を抑制

日経ECOLOMY他、エコロジー関連ニュースを取り上げておく。
参考になれば幸いである。

続きを読む

もっと「現場発」を

栗田亘氏の記事を取り上げておく。
記者魂に根ざした視点が面白いと思う。
エコロジーとは直接関係ないように考えられるが、エコロジー活動においても、「見方・考え方」は大事な要素である。
以前にフランソワ・デュポア氏のコラム記事を取り上げているが、これなども、広く世界に目を向ける場合に、エコロジーがどのような位置づけになるかという点で意義があるように考える。

続きを読む

「集中豪雨的」報道になってはいないか

日経WEBで気になる記事を見つけた。
コラムニストの栗田亘(元朝日新聞「天声人語」執筆者)氏の記事である。
記事タイトルは、「『集中豪雨的』報道になってはいないか」である。内容は、今回の新型インフルエンザの各紙の報道姿勢に関するもので読んでおく価値がある。
確かに記者の目から見る場合、「新型インフルエンザ」は絶好の記事ネタであり、また、報道しやすいということがあるのかもしれない。。。

続きを読む

鹿島、屋上緑化の新工法 貯水機能付き人工土壌

神戸は、昨日の新型インフルエンザ事件で大変であった。
私のところは、まさに、神戸高校周辺の居住区であり、その意味では「不安」を感じないわけにはいかない。しかも、高校3年生の古度\もを抱える身では余計にそうなる。。。
スーパーに買い物にいっても、昨日とは大きな変化が現れている。マスクをしている人の割合が顕著に高くなっていることである。また、「神戸祭り」も急遽中止に追い込まれた。

続きを読む

フランス人の目で見たエコロジー観 VOL.3

引き続きフランソワ・デュポア氏のコラム記事をたどっておく。
デュポア氏の目で見た、フランスのエコロジー事情を知る上で有効である。
記事の一部を引用しておくので、記事全体に目をとおしてみることをお勧めしたい。。。

続きを読む

新型プリウス、受注8万台突破へ

日経ECOLOMYが取り上げている環境関連ニュースを取り上げておく。
トヨタのエコ・カー新型プリウスも出足好調のようである。。。
また、エコポイント制度は出足穏やかで、本格商戦は週末からか、といったニュースが目立つ。

続きを読む

フランス人の目で見たエコロジー観 VOL.2

古い記事になりますが、フランス人のエコロジー感覚を理解するにはいい記事であると思われるので、取り上げておく。
「もったいない」精神も含め、環境保全は全地球の問題。。。

続きを読む

「インサイト」、軽含むランキングでも4位 4月の新車総販売

日経ECOLOMYのニュース記事を取り上げておく。
政治面、経済面での「環境」をキーワードにした動きが分かると思う。

続きを読む

フランス人の目で見たエコロジー観 VOL.1

このコーナーで、フランス版「もったいない精神」に関するフランソワ・デュポア氏の記事を取り上げた。
タイトルは、「Le Système D / ル・システム・デー」で5月11日の記事なので、それもあわせて目をとおしてもらえると良い。
フランソワ・デュポア氏に関しては、過去にも次に掲げるような記事が取り上げられており、日本人の感性とは異なる視点からの情報が得られると考えられる。

続きを読む

日本ガイシ、NAS電池を仏で大型受注 300億―400億円

日経ECOLOMYの環境関連ニュースを取り上げておく。
企業、政策レベル、国際的な動き、民間活動の状況が理解できると考える。
参考になれば幸いである。

続きを読む

Twitter
カテゴリ
Sponsored Link
Sponsored Link
最新記事
月別アーカイブ
Sponsored Link

ゆっくり楽しく簡単ダイエット チ・゚・・ッ
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
環境を豊かに
Related Link
検索エンジン 人気サーチ Page Rank にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村
  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ ランキングはこちらをクリック!
    相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

    SEO対策ならSEO Studio

    相互リンク・探索マン

    相互リンク

    相互リンクPRO

    相互リンク 募集ドットコム

    相互リンクGoGo

    自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

    相互リンクドクター!アクセスアップ

    相互リンク99

    相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

    相互リンクなら相互リンクサーチ!

    相互リンクプラザ

    SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
    Counter
    Online Counter
    現在の閲覧者数:
    リンク
    最新コメント
    最新トラックバック
    プロフィール

    sazusa

    Author:sazusa
    FC2ブログへようこそ!

    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。